« 東京新聞記事についてのお詫び | Main | 今年も第9回東京発!物産・逸品見本市に参加します! »

December 26, 2014

冬の朝

この季節、産卵箱を転がってくる生みたての卵は’ほわ〜ん’’と一瞬湯気に包まれます。
朝は東京でも零度を切る時があって、寒さの中、一瞬の光景にほんわかした気分になります。卵を包むクチクラの層が乾くまでのほんの5...10秒。

給餌の後の、観察の時間...
もうまもなく、大人になりかけの若鶏が給水器をブランコにして遊ぶのんびりとした光景。来年は更に一歩前に進もう、と平和の幸せを噛み締めて思うひとときです。

|

« 東京新聞記事についてのお詫び | Main | 今年も第9回東京発!物産・逸品見本市に参加します! »

Comments

The comments to this entry are closed.