« なみすけくんが来ました! | Main | 東京新聞記事についてのお詫び »

June 08, 2014

雑穀の残る暮らし

二月十六日、西荻窪のかがやき亭で行われた地域の大人塾でお話しさせて戴いた「武蔵野うどんをとおして考える農と食卓」に資料を提供して下さったフィールド・ワーカー(民族植物学・人々と植物の関わり)川上香さんの「雑穀の残る暮らし」というイベントに昨日行ってきました。

 東中野から徒歩5分ほどのSoleil(ソレイユ)というフレンチのかわいいお店です。雑穀を使ったランチを戴きながらお話を伺いました。

 お話は長野県遠山郷(旧上村、旧南信濃村)、静岡県静岡市葵区井川(旧井川村、旧田代村)、山梨県早川町を中心とした雑穀の残る暮らしです。かつては平地武蔵野、我が家でも雑穀を栽培しており、両親が「こどもの頃、雑穀の入った弁当を持って学校に行くと、もう周りは白米で恥ずかしい思いをした」とよく聞かされていました。武蔵野うどんのお話の際に昔の食事を聞き取りました。当時(第二次世界大戦中、戦後間もなくまで)食べていた雑穀飯はおおよそ大麦とモロコシの入ったものだったそうです。

 武蔵野台地は河川周辺などの一部を除いて稲作に適さず、麦を栽培していたことから物日(行事のある日)にうどんを打って食べる習慣が根付いていました。でもうどんも作るのには手間がかかり、日常は雑穀飯を食べていました。雑穀はコメや麦と違い、穂のままで置くと何十年でも持つそうです。麦も採れない天候不良の時には命綱だったはずです。

 いまは健康にもよいと人気の雑穀。戴いたランチもとても美味しかったのですが、「モロコシの餅なんて冷めたらとてもじゃないが不味くて食べられない」など、父の世代には貧乏のイメージで語られます。平地の農業をやるものにとって、とてもとてもまね出来ないと思われるような農業と暮らしに、厳しさと共にタフさ、自然と暮らす人間らしさを力強く感じて帰ってきました。

 川上さんのブログ

Cafe穀雨 農と食と人のこと

 どうぞご覧ください。

|

« なみすけくんが来ました! | Main | 東京新聞記事についてのお詫び »

Comments

The comments to this entry are closed.